もっと専門的な話が欲しかったという人がいて確かにそういう人もいるだろうなあと思いました。反面私はというと文屋な…